デルの考える働き⽅改⾰をもっと詳しく知るには。

日経BP社の許可により、2017年4月25日~ 2017年5月31日掲載 の 日経ビジネスオンライン Special を再構成したものです

デスクトップの逆襲!?働き方改革になぜデスクトップがよいのか?その3つの理由を解説

盲点となりがちな「社内で働く人」の働き方改革

労働生産性を向上させ、従業員満足度も高めるためのアプローチとして注目が高まっている「働き方改革」。政府も昨年9月に「働き方改革実現会議」を設置、その取り組み支援に本腰を入れている。

これを実現する上で重要な役割を果たすのが、モバイルやクラウドといったITソリューション。すでにノートPCやタブレットPCを全社員に配布し、Web会議を行ったり、チャットなどを様々な場所で使えるようにすることで、成果を出している企業も少なくない。

しかし、実はここに盲点がある。働き方改革を実現するには、全社員がノートPCやタブレットPCのような「モバイルデバイス」を使う必要があるのだろうか。会社で働く従業員は、外回りが多い人ばかりではない。事務系や管理系など、外出が少なく、オフィスを中心に働く人も少なくないはずだ。このような人々の働き方改革を実現するには、オフィス環境の見直しこそが重要になるのだ。

そこで提案したいのが、デスクトップPCの積極的な活用だ。それではなぜノートPCではなくデスクトップPCなのか。そこには大きく3つの理由がある。

NEXT ノート型よりデスクトップ型がよい3つの理由とは?
従業員の生産性を向上させる
第 7 世代インテル® Core プロセッサー・ファミリーを搭載した2 in 1 デバイス
intel

優れた応答性を備えた第 7 世代インテル® Core プロセッサー・ファミリーは、ユーザーのニーズに応えるパワーとスピードを発揮します。ファイルやプログラムを素早く展開するだけでなく、アプリケーションや Web ページを遅延なしにシームレスに切り替えることができます。